沿革

2000年02月 安川商事株式会社*1のユーラスバイブレータ、振動粉体機器事業及び貿易事業を継承し、株式会社村上精機工作所*2・株式会社安川電機*3の出資により設立
2000年03月 九州、東京、大阪、名古屋の4営業所で営業開始
2001年06月 1ドラム方式の「バイブロミル21」を発売
2004年04月 シェルがらなどの解砕・ふるい分けを1台で可能にした、ボウルフィーダと振動スクリーンの複合機「ブルトップセパレータ」を開発・発売(解砕分級装置 特許4516361 取得)
2004年05月 大阪営業所を拡張移転
2006年09月 長距離輸送を可能にした電磁駆動式振動コンベヤ「マルチ電磁コンベヤ」を発売
2007年10月 食品業界からの要求にお応えして開発したオールステンレスユーラスを発売(ユーラスバイブレータシリーズで全100機種となる)
2007年11月 再生骨材製造用バイブロミルを発売(再生骨材の製造方法 特許5032757、再生細骨材の吸水率を低減する設備及び方法 特許4933969 取得)
2008年08月 ストリッピング(表面研磨)用バイブロミルを発売(振動式粉砕機 特許5396771 取得)
2010年06月 東京営業所を拡張移転
2010年08月 ユーラスバイブレータ累計生産台数80万台突破
2011年02月 カナダ安全規格のCSA規格をユーラスバイブレータ標準機種で認証取得
2011年03月 ユーラスバイブレータの標準仕様を、様々な気象条件下で使用可能な全天候形にグレードアップ
2012年11月 「CVCタービン式エアバイブレータ」を発売
2014年02月 ユーラスバイブレータ累計生産台数85万台突破
2016年05月 「ジャンピングスクリーン Type KT」を発売
2018年03月 ユーラスバイブレータ累計生産台数90万台突破
2018年03月 「CPS形ディスクブレーキ」を発売
  • *1:安川商事株式会社/1960年9月21日、(株)安川電機商事部を独立する形で設立。(株)安川電機よりユーラスバイブレータの販売を譲渡。(株)安川電機での粉体機器・振動機器の製作に合わせ、販売を開始。1982年、(株)安川電機より粉体機器の製造を移管。2000年3月20日、(株)安川電機の構造改革により解散。
  • *2:株式会社村上精機工作所/1946年創立。1959年、(株)安川電機と共同でユーラスバイブレータを開発。同年、製造開始。1964年~1969年、振動応用機を製造。1987年、安川商事(株)より粉体機器の製造を移管。
  • *3:株式会社安川電機/1915年創立。1959年、(株)村上精機工作所と共同でユーラスバイブレータを開発。1959年3月21日に商事部を設立し、ユーラスバイブレータを発売。1962年、粉体機器(振動ミル)他を研究開発。1963年〜1982年、同機器を制作。1969年〜1982年、振動応用機(振動フィーダ・コンベヤ等)を製作。※ユーラステクノ(株)に関連する事項のみ抜粋。